葉酸について

「葉酸」とは?

 

葉酸は、水溶性ビタミンに含まれるもので、水に溶けやすいビタミンB群の一つにと言われていまして、ホウレン草や果物に多く含まれています。

 

妊娠を希望される方が、これまで通りの食事量では、摂取目安量の葉酸を摂ることはとても大変で、多くの食品を食べなければなりませんが、アプリメントなどを上手に活用することで、目標の摂取量を簡単に効率よく摂ることができます。

 

 

 

葉酸の効果について?

 

 

葉酸には、たんぱく質や細胞を生み出す際に必要なDNAの核酸を合成させる大切な働きがあります。

 

これにより、赤血球細胞の形成を助け、細胞分裂が活発になる胎児の健やかな成長のために役立つ大切な仕事をしています。  

 

葉酸は、ビタミンB12と結び付いて血液を作る役目を持っていますので、欠乏症ですと、ビタミンB12の不足と同様で巨赤芽球性貧血といった悪性の貧血の原因になってしまう可能性があります。

 

そのために、妊娠を希望する女性が必要十分な葉酸を摂り入れる事で、胎児に神経管閉鎖障害といった神経器官の発育不全に伴うリスクを軽減する事が可能になります。

 

ほかにも、成人については、脳卒中や心筋梗塞などといった循環器疾患を防止するための研究結果が多数報告されています。

 

 

 

どのような食品に多く含まれているのでしょうか?

 

葉酸は、多くの食料品に含まれていると言われていますが、とりわけて多く含まれているものといえば、レバー以外に、枝豆やモロヘイヤやホウレン草、ブロッコリーといった緑黄色野菜いちごなどに多く含まれています。

 

 

どれくらい摂取すれば良いのでしょうか?

 

日本人の平均摂取量ですと、十分な量であると言われておりまして、通常の食生活において摂取不足に影響される心配はないようです。  

 

しかし、妊娠中の女性にとっては、必須とされる目安の摂取量が普段の約2倍になりますので、不足しがちになってしまうため、積極的な摂取が推奨されています。

 

その中でも特に若い女性の方が、無謀な食事制限によるダイエットで葉酸が不足していた場合ですと、初期の妊娠がわからないまま、胎児への悪影響を与える可能性も指摘されています。

 

妊娠の可能性がある若い女性にこそ、ダイエットを行う際には、緑黄色野菜をきちんと食べて、食事や栄養のバランスに気をつけることが大切になります。  

 

 

 

食生活によほど偏りがなければ葉酸の摂り過ぎによる過剰症の心配はありません。

 

とはいえ、薬やサプリメントの摂取限度量をこえて大量に摂取してしまうと、個人差はありますが、発熱、神経障害、じんましん等の過剰症が起こる可能性などの報告がされています。

 

葉酸をサプリメントなどで摂取する場合には、用法容量をきちんと守っていれば、とても便利なもので簡単に葉酸を補給することができますので、バランスのとれた良質の食事と合わせて摂取することをおすすめします。

 

 

おすすめ

page top