30代後半からの卵子の老化について

現在では初めて出産を経験される方の年齢が高い傾向があり、30代後半〜40代で妊活に取り組む女性が増加しています。

 

そういったことから、妊娠を希望していても高齢による出産について不安をお持ちの方も多いと思いますが、年齢を重ねるにつれ卵子の老化が原因で妊娠しにくくなることや、胎児にどのような影響が及ぶのかわからないなど、様々な悩みを持っていると思います。

 

そこで、30代後半以降の方は食生活に気を付けるだけではなく、サプリメントなどの健康食品を上手く摂り入れながら卵子の老化をできるだけ抑えることで、妊娠しやすい体を作ることが事が大切になります。

 

 

高齢不妊の原因とは

 

不妊になる原因は様々ありますが、高齢不妊といわれる35歳を超えた方が妊娠を希望される場合ですと、卵子の老化や減少が原因による不妊が多いそうです。そこで卵子の老化を出来るだけ抑えて卵子の質を上げることにとり、妊娠の可能性を高めることが期待されていますが、その為には、一体どのような方法があるのでしょうか。

 

 

卵子の減少について

 

卵子を作っている原始卵胞は、生まれつき卵巣のなかに存在しており、その数が決まっています。

 

出生時ですと、約200万個存在していますが、思春期になると、約20〜30万個まで減少してしまいます。

 

そして、一度の月経で約1,000個が減少するといわれています。

 

原始卵胞を増やすことは不可能なので、年齢が高くなるにつれて卵子の数は減少していくというのが現実になりますので、卵子の老化を抑え、質の向上を目指すことが大切になります。

 

 

 

卵子の老化について

 

肌や髪以外に、卵子も歳を重ねることで老化していくといわれています。

 

このため、仮に30歳で排卵した卵の場合、30年経った細胞ということになるので、20歳で排卵した卵子に比べると老化が進行していることが理解できると思います。

 

卵子の老化が進むと受精卵になりにくだけではなく、着床の確率も下がってしまいます。

 

さらに染色体の異常が生じることにより、流産の危険性も高くなってしまうのです。

 

ですから、卵子の老化を抑えることが出来れば、妊娠の確率を高めることも期待できるといえます。

 

しかも、卵子の老化を抑えて質を高めることにより、体外受精の成功率にも良い影響が期待できるかもしれません。

 

 

 

体外受精を行う方にも卵子の老化を防止することは大切です

 

体外受精をする場合に年齢が高い方の成功率は落ちてしまうため、生活習慣の見直しや、必要な栄養素を摂り入れるなど、卵子の老化をできるだけ食い止めることが重要になります。

 

体外受精は何度も行うと金銭的な負担がとても大きいと思いますので、今ある卵子の老化をできるだけ防ぐことで、妊娠しやすい体作りができることを願います。

 

卵子の老化スピードを緩やかにするために、老化の原因となっている活性酸素の除去を欠かせません。

 

そこで、イソフラボンコエンザイムQ10ビタミンA・C・Eポリフェノールリコピンオメガ3脂肪酸亜鉛などの抗酸化作用が期待できる成分を摂り入れることをおすすめします。

 

その中でも必要な栄養素などは健康食品などを有効活用して上手に摂りいれてみてください。

 

必要な栄養素を摂り入れることはもちろんなのですが、やはりバランスのとれた食事を摂り、体は冷やさないようにして睡眠はしっかりとるなど、日頃の生活習慣は、すぐに始めることができますので、高齢の方が妊活される場合には卵子の老化をできるだけ防ぎ、卵子の質を上げることを目指して欲しいと思います。 。

 

人工授精や体外受精を実践している方の成功率を上げるためにも進んで必要な栄養素などを摂り入れて欲しいのですが、心配や不安のある方は必ずかかりつけの医師に相談してから利用するようにしてくださいね。

 

不妊治療について T 保険適用されている不妊治療
@排卵誘発剤などの薬物療法、
A卵管疎通障害に対する卵管通気法、 卵管形成術、
B精管機能障害に対する精管形成術
1.人工授精 精液を注入器を用いて直接子宮腔に注入し、妊娠 を図る方法。
夫側の精液の異常、性交障害等の場 合に用いられる。精子提供者の種類によって、
(1)配偶者間人工授精(AIH) (2)非配偶者間人工授精(AID) に分類される。

 

2.体外受精 体外受精には ・IVF-ET(体外受精、胚移植) ・ICSI(顕微授精。卵細胞質内精子注入法)
といった方法がある。日本では配偶者間においてのみ行われている。

 

※厚生労働省のホームページより引用

 

 

おすすめ

page top